治療例

これまで治療を行ってきた実際の治療例をいくつかお示しします。 相談数が多い症例として予想される、歯の凸凹が認められる叢生、上の歯が出て見える上顎前突、下あごが突出して見える下顎前突症例です。

叢生

現代の食生活を反映し、歯の大きさに比較し、アゴの大きさが十分大きくない場合では、歯が歯列内に十分おさまらずはみ出してしまう場合があります。この状態を叢生といい、場合によっては歯を抜いて十分なスペースを確保し、きれいに歯を並べていくことが可能です。ここでは抜歯した場合と抜歯せずに歯を配列した症例をお示しします。

抜歯症例

歯を抜かずに治療することができないか十分検討しましたが、治療後の安定性と口元の審美性を考慮し、小臼歯を抜歯して治療した例です。自信を持ってスマイルしていただけようになり、患者さんにも大変喜んで頂きました。

[ 治療期間:1年11か月 ]
主訴 前歯の凸凹
診断名 歯の大きさと顎骨の不調和による上下顎前歯部叢生
初診時年齢 13才6か月
装置名 マルチブラケット装置
抜歯非抜歯 上下顎小臼歯4本抜歯
治療期間 1年11か月
費用の目安 70万円

リスク副作用については、こちらをご覧下さい。

非抜歯症例

この患者さんも抜歯して治療するか、非抜歯にて治療を行うか十分検討し、最終的にはそのメリットとデメリットを十分理解して頂いた後に非抜歯にて治療した症例です。ブラッシングも十分行って頂き、矯正治療前後を通し良好な口腔内衛生状態を維持されています。

[ 治療期間:1年10か月 ]
主訴 前歯の凸凹
診断名 歯の大きさと歯列弓の不調和による上下顎前歯部叢生
初診時年齢 20才6か月
装置名 マルチブラケット装置
抜歯非抜歯 非抜歯
治療期間 1年10か月
費用の目安 70万円

リスク副作用については、こちらをご覧下さい。

上顎前突

上の前歯の突出が気になって治療をお受けになった患者さんです。小臼歯を抜歯し、そのスペースを利用することによって、口元をすっきりさせることができました。前歯でしっかり噛み切ることができ、また話しやすくなったというお言葉を頂きました。

[ 治療期間:2年2か月 ]
主訴 前歯が出ている
診断名 上顎前突
初診時年齢 22才6か月
装置名 マルチブラケット装置
抜歯非抜歯 上下顎小臼歯4本抜歯
治療期間 2年2か月
費用の目安 70万円

リスク副作用については、こちらをご覧下さい。

下顎前突

前歯が反対に咬んでいることが気になり治療をお受けになった成人の患者さんです。詳細な形態分析を行った結果、外科的矯正治療(骨格性に上顎骨および下顎骨のバランスに異常が認められる場合適応)をお受けにならず、歯の位置を修正することによってかみ合わせを正常な状態に配列しました。10年後に再びお見えになったときも、かみ合わせは安定しており大変喜ばれています。


  • [ 治療期間:2年1か月 ]

  • [ 治療後10年経過後 ]
主訴 前歯の咬み合わせ(下の前歯が出ている)
診断名 下顎前突
初診時年齢 24才
装置名 マルチブラケット装置
抜歯非抜歯 非抜歯
治療期間 2年1か月
費用の目安 70万円

リスク副作用については、こちらをご覧下さい。

電話でのお問い合わせ

093-533-2226

診療時間

平 日
午前 10:00~12:00
午後 14:00~20:00
土・日曜日
午前 9:00~12:00
午後 14:00~19:00
休診日
水・木曜日および祝日
矯正治療をお受けになる皆様へ
医療関係者の皆様へ

無料相談・お問い合わせ

歯科矯正治療についてのご不安な点やご質問等にお答えする無料の矯正歯科相談(30分)を行っています。
歯並びや口元に関するお悩みがある方、まずはご連絡ください。

  • 無料相談予約

    ※初めての方はユーザーアカウントを作成してください。

  • お問い合わせ