矯正治療について

大人の矯正治療(思春期後期以降)

メリット

  • (1)すでに上下顎骨の位置がほぼ決まっていますので、その土台に歯を配列したとき、その後の後戻りが少なくなります。
  • (2)ご自分の意思で治療を希望されていますので、治療に対し積極的である場合が多く、治療が計画的に行われることが多いです。
  • (3)お口の中の関心が高いので、口腔内衛生状態が保たれやすいです。

第二大臼歯が萌出してからは、多くの場合マルチブラケット装置というすべての歯に金属やセラミックなどのブラケットという矯正装置を付ける矯正治療を行います。この装置は、すべての大人の歯をトータルに3次元的に調和のとれた適切な位置に配列し、上下の歯がしっかりとかみ合うように歯の移動を行うことができます。できるだけ歯を抜かずに歯の配列を計画しますが、歯の大きさが大きいか、または歯を並べる歯槽部が小さい場合は、抜歯治療をお薦めする場合もあります。また、凸凹はひどくなくても、口元が前に出て口が閉じにくいなどの機能的あるいは審美的問題点を認める場合も抜歯治療の対象となります。しかしながら、抜歯はできれば避けたい治療方法の一つであることは間違いないので、決定の際にはメリットとデメリットをよく比較検討しながら、我々と患者さんがよく話し合って決めていきたいと考えています。また、大人の矯正治療で遅すぎるということはありません。是非ご相談下さい。

ブラケットを用いた矯正治療
  • クリアブラケットを用いた矯正治療

  • メタルブラケットを用いた矯正治療

矯正治療後の審美的保定装置
  • クリアリテーナーを用いた保定装置

  • その他の保定装置:アスティックスリテーナー

  • その他の保定装置:FSWリテーナー

スマイル分析による矯正治療

矯正治療の目的は、歯の配列を整え、咀嚼や発音機能の回復を目指すと共に、審美性の獲得も決しておろそかにできない重要なポイントです。私はこれまで、顔の審美性において口元のもつ役割がいかに大きいかについて臨床研究を重ねて参りました。その結果、側貌における口元の前後的位置に関する好ましいポジション、スマイル時における歯の見え方についていくつかの重要なポイントがあることを確認し、国際矯正歯科ジャーナル(下記参照)に発表して参りました。当矯正歯科クリニックでは、それらのポイントに十分注意し、矯正治療後に審美的にも十分満足していただくよう努めて参ります。

審美的参考値
Max Incisor Exposure 10.0
Upper Lip Drape 2.0
Lower lip to Upper Incisor 0
Buccal Corridor Left 3.0
Buccal Corridor Right 3.0
Smile Arc Consonant
Upper Lip Vermilion Height 4.4mm
Lower Lip Vermilion Height 10.3mm

(Ioi et al., Angle Orthod, 2014)

1
Ioi H, Kang S, Shimomura T, Kim SS, Park SB, Son WS, Takahashi I. Effects of vermilion height on lip esthetics in Japanese and Korean orthodontists and orthodontic patients. Angle Orthod 84(2):239-245, 2014.
2
Ioi H, Kang S, Shimomura T, Kim SS, Park SB, Son WS, Takahashi I. Effects of vertical positions of anterior teeth on smile esthetics in Japanese and Korean orthodontists and orthodontic patients. J Esthet Restor Dent 25(4):274-282, 2013.
3
Ioi H, Kang S, Shimomura T, Kim SS, Park SB, Son WS, Takahashi I. Effects of buccal corridors on smile esthetics in Japanese and Korean orthodontists and orthodontic patients. Am J Orthod Dentofacial Orthop 142(4):459-465, 2012.
4
Ioi H, Nakata S, Counts AL. Influence of gingival display on smile aesthetics in Japanese. Eur J Orthod 32(6):633-637, 2010.
5
Ioi H, Nakata S, Counts AL. Comparison of the influences of buccal corridors on smile esthetics between Koreans and Japanese. Orthod Waves 68(4):166-170, 2009.
6
Ioi H, Nakata S, Counts AL. Effects of buccal corridors on smile esthetics in Japanese. Angle Orthod 79(4):628-633, 2009.

電話でのお問い合わせ

093-533-2226

診療時間

平 日
午前 10:00~12:00
午後 14:00~20:00
土・日曜日
午前 9:00~12:00
午後 14:00~19:00
休診日
水・木曜日および祝日
矯正治療をお受けになる皆様へ
医療関係者の皆様へ

無料相談・お問い合わせ

歯科矯正治療についてのご不安な点やご質問等にお答えする無料の矯正歯科相談(30分)を行っています。
歯並びや口元に関するお悩みがある方、まずはご連絡ください。

  • 無料相談予約

    ※初めての方はユーザーアカウントを作成してください。

  • お問い合わせ